雨晴駅

あまはらし

  • JR氷見線
  • 富山県高岡市
炎天下が体に堪えたので、帰りの列車は屋根の下で待ちました。

陽炎に揺れる白砂青松に、風鈴の響き。夏の終わりが惜しくなるような情景を、ここ雨晴駅で見つけました。駅の中には海岸で撮った写真がずらり。冬になれば、富山湾の対岸に雪化粧の立山連峰が連なり、また違った一面を味わえるそうです。ちなみに、隣の 越中国分駅 からも富山湾が見えます。

富山駅から普通列車で約50分、新高岡駅から約30分。本数は1時間に1〜2本。有人駅。

ページの一番上へ